頻尿を防ぐ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://morioka.areablog.jp/hinnyou

インナーシグナルリジュブネイトエキスのパワー

インナーシグナルが登場させた一本の美容液に関して、「製薬会社の作った化粧品」と言う事で話題にはなっていましたが、それほどの期待はありませんでした。
ところが実際に手元に贈られたインナーシグナルの美容液(基礎化粧品の一種で、より高い効果が期待できるとされています)を使い始める折には、「製薬会社が作ったのだから、効果はそこそこだろう」とされていたのです。

美白効果のある美容液と大塚製薬が世に送り出したインナーシグナルリジュブネイトエキスという美容液は使い始めた人から、感嘆の声を上げさせました。

それはこのインナーシグナルリジュブネイトエキスという美白美容液は単に気になるシミなどを薄くしていくだけでなく、肌が美しく変わっていったからです。
インナーシグナルリジュブネイトエキスという美白美容液は美白効果がもちろんあるのですが、それ以上に驚かせたのは肌を健康にする効果です。

「健粧品」というネーミングがされているインナーシグナルリジュブネイトエキスという美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)はそれこそ美白に興味がなかった方にも美肌効果を期待されているのです。

まさしく「化粧品」を越えた存在になった「健粧品」と言う名前に恥じないほどの効果を持っているからこそ、話題になったのがインナーシグナルです。

インナーシグナルリジュブネイトエキスは年齢も肌質も選ばず、今ある肌のランクを自然にあげていってくれるような効果を持つ美容液です。

大塚製薬と言う一流の製薬会社が肌のメカニズム(自然現象や人体などについては、詳しいメカニズムが判明していないことも少なくないのです)を研究し、その上で生まれてきているインナーシグナルリジュブネイトエキスならば尚更、です。
大塚製薬といえば健康食品、栄養補助食品で知っている方が多かったのですが、インナーシグナルリジュブネイトエキスが登場してからは変わってきています。

かなりのパワーを持って肌を健やかに変えていき、その上で気になるシミを薄くするという働きがインナーシグナルリジュブネイトエキスで大塚製薬の認識を変えました。
やはりインナーシグナルリジュブネイトエキスが「健粧品」といったネーミングがされているということには間違いはなかったというわけです。

化粧品は希望を持って使わなければ効果が十分に出ませんが、特にインナーシグナルリジュブネイトエキスによってそれを思い知らされた方も多いのです。
インナーシグナルについてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、インナーシグナルリジュブネイトエキスについても詳しく調べてみましょう。

「健粧品とネーミングしたのだから、美白しながら、肌のランクを上げていくものでなければならない」という哲学があるのがインナーシグナルです。

インナーシグナルリジュブネイトエキスは最初のころはそれこそ美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)のプロの方だけが、一般発売まで「これはすごい!」と話題にしていました。

美白美容液(美容成分を凝縮して配合してある分、化粧水や乳液と比べても高価であることが多いでしょう))では色々なヒット美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)がありましたが、インナーシグナルリジュブネイトエキスは美容液と言うだけでも優秀だったからです。

つまり肌を若々しく、しかも美しくさせる為のメソッドを知り尽くしている美容(お金と時間がかかってしまいますが、かけただけの成果は出ることが多いものです)の専門家たちもインナーシグナルの「健粧品」というネーミングに納得したのです。

だからこそ一般発売が来る前にインナーシグナルリジュブネイトエキスを記事の中で取り上げていったということで、知られていきました。
美白だけの効果を期待するのではなく、美肌になっていく効果までをも期待することが許されている美容液を登場させたのはインナーシグナルです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://morioka.areablog.jp/blog/1000085260/p11392563c.html
頻尿

夜間頻尿

夜間頻尿(夜間尿や夜間多尿と呼ぶこともあります)といった言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)をご存知でしょうか?高齢の方に多いんですが、夜間に休んでいる間に数回トイレ(日本では水洗式が一般的ですが、国によって様々な様式があります)で起きる症状を、夜間頻尿と呼ぶのです。

夜間頻尿(病名ではなくて、症状に対する呼び名なんだそうです)は冷えとか腎臓の病気とかの要因が重なり発症するのですが、ひんぱんに起こると睡眠の妨げにもなりますし、ぐっすり休めないのは大きなストレスといえますね。

夜間頻尿だけじゃなく水分を摂取する時間とか利尿作用のあるコーヒー(健康に良いとする説、良くないとする説があり、未だに完全には解明されていません)やアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を摂取しトイレ(日本では水洗式が一般的ですが、国によって様々な様式があります)に行く回数も関係してくるものです。


勿論遅い時間帯に水分を摂取したら、尿量が増えて、尿意を感じ易いわけです。加えて夜間頻尿は夜間多尿か膀胱容量の減少という原因もありますし、最近話題の過活動膀胱(尿意切迫感や頻尿、切迫性尿失禁などの症状が出る病気です)等の症状があれば膀胱容量の減少もあり夜間頻尿(京都大学の研究チームがその原因となるたんぱく質を発見したことが話題になりました)が悪化する事もあります。

そんな病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)でなくても寒い季節や冷え性の方は夜間頻尿の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が出やすです。


夜間頻尿(京都大学の研究チームがその原因となるたんぱく質を発見したことが話題になりました)の定義からすると外れるかもしれませんが、夜間にトイレ(近年では、ウォシュレットや擬音装置がついた公衆トイレも多いですね)に立つ回数が多くなるという意味では夜間頻尿(加齢だけが原因となるわけではないので、念のために病院での診察を受けてみてください)と言えるでしょう。

これらは代謝される水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が汗でなく、尿として排出される傾向が強いので、如何しても排尿の回数が増えるか尿の量が増えてしまうのです。

いろんな原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)のある夜間頻尿(加齢だけが原因となるわけではないので、念のために病院での診察を受けてみてください)ですが、冷えや水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)の摂取時間や量に注意しても改善されない場合もあります。


主な要因として

1. 加齢に伴う腎臓などと言った機能低下に伴う夜間頻尿(京都大学の研究チームがその原因となるたんぱく質を発見したことが話題になりました)
2. 慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)の影響による夜間頻尿
3. 心不全(心臓の収縮力が低下してしまって、血液の循環量が不足することをいいます)が原因で夜間尿量が増えた結果の夜間頻尿
4. 膀胱容量の減少による夜間頻尿(病名ではなくて、症状に対する呼び名なんだそうです)
5. 尿路の炎症による夜間頻尿
6. 前立腺肥大(民間療法としてはノコギリヤシが知られていますね)による夜間頻尿

以上が主な原因と言えるでしょう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://morioka.areablog.jp/blog/1000085260/p11242243c.html
頻尿

尿がでる仕組み

人間にとって排尿とは、身体の中でいらなくなった老廃物を出すための行為であり、この排尿が上手に出来ないと体中に毒素(排気ガスやダイオキシンなどを含んだ大気を吸ったり、農薬が残留した野菜や果物を食べることでも体内に蓄積されます)が回ってしまい、害を及ぼしてしまうため、体にとって非常に大切な行為と言えます。では、尿は体の中でどのように作られているのでしょう?

尿を作ったり溜めておいたり排尿したりするのが、泌尿器(体内にある尿を作って排出を行う器官をまとめた表現です)という臓器です。この泌尿器(日本では、泌尿器科を受診するのは恥ずかしいと感じる人も多いようです)に、体中のあらゆるところでいらなくなったものを吸収した血液が送り込まれ、その泌尿器の一部である腎臓で流れこんできた血液をろ過します。腎臓では体に必要なたんぱく質(アミノ酸が多?結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)などは血液に戻し、そうではない糖分や塩分や老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)などはろ過して、原尿を作ります。

この原尿は尿管を通り、膀胱へと送り込まれます。その時、尿管で再度、どうしても必要な物とそうでないものとのろ過が行われます。そして、尿管で再度ろ過されたものが、日常、私たちが排尿している尿として、膀胱に溜められるわけです。このようにして一日に作られる尿は、おおよそ1000ml〜1200mlだと言われています。腎臓などの泌尿器が正常であれば、どんどん尿が作られていくことになります。膀胱に溜められる尿はおおよそ300ml〜500mlで、尿が膀胱に溜まっている間は、尿道が栓の代わりとなって尿が出ないようになっているのです。

膀胱内に溜まる尿が150mlぐらいになってくると、膀胱壁が刺激されて膀胱から脊髄の神経を通り、脳に尿が溜まったという信号が送られ、尿意を感じるのです。脳で排尿の準備ができたら、膀胱をしぼませると同時に尿道を膨らませ、一気に排尿します。
http://personarity.usunuri.com/category0004/index.html


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://morioka.areablog.jp/blog/1000085260/p10955424c.html
頻尿

頻尿がおこる原因

頻尿になる原因は人によってさまざまですが、膀胱や前立腺などの泌尿器系の臓器に病気があるかないかで大きく区別します。泌尿器(尿管結石や膀胱炎などがよく発症する病気として知られています)系の病気(先天的なものも少なくないでしょう)による頻尿の要因として、男性と女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)とで違い、男性の場合だと前立腺肥大症、女性の場合だと膀胱炎が一番多い原因だといえるはずです。

前立腺肥大症や膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)になったならね、炎症によって膀胱が小さくなってしまい、尿を溜めるキャパが狭くなり頻尿を引き起こします。また、常に残尿感があるので、トイレ(近年では、ウォシュレットや擬音装置がついた公衆トイレも多いですね)に行って尿を出しきっても、炎症によって膀胱が刺激されてまた尿意が出てきます。泌尿器系の病気でない頻尿(尿漏れや残尿感が起こることもあるかもしれません)の場合、一番多く見られるのは、神経性頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)です。

この神経性頻尿は心因性頻尿とも呼ばれ、主に精神のストレスが原因によっては引き起こされるでしょう。例えば、通勤や通学などの電車内で尿意を我慢したりすると、その尿意に対して恐怖感を憶え、我慢すればするほど尿意が増してしまいます。このように緊張感が膀胱に伝わり、それによって膀胱が敏感になってしまい、少し尿が溜まっただけでも、尿意を感じてしまうのです。尿意を我慢できずに失禁してしまったりする過活動膀胱も頻尿(一回の尿の量が多い場合には、水分のとり過ぎが原因のことがほとんどでしょう。

糖尿病の人が水分をとり過ぎた結果として頻尿になることもあります。尿崩症や慢性腎不全の場合もあるかもしれません)によくある原因の一つで、主に中年層によく見られる症状です。これは本人の意志とは関係なく膀胱が縮んでしまう症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)で、主に加齢による骨盤底筋群の衰えや下部尿路閉塞が原因になるものです。そして、特に女性の場合は、加齢によって女性ホルモンが足りなくなることで膀胱が過敏になり、頻尿や尿漏れにつながるのですよ。
狭心症の症状


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://morioka.areablog.jp/blog/1000085260/p10955419c.html
頻尿

このブログトップページへ
ブログイメージ
頻尿を防ぐ
プロフィール
頻尿を防ぐ
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 2315
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード